忍者ブログ

セカンドライフスタイルBlog

誰でも出来る海外移住情報!! 長期滞在の裏技。 海外旅行・海外生活の裏技!! 格安旅行情報満載! 海外移住者・バックパッカー必見!!
03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05
[12/21 draketarr]
[12/21 elthialang]
[12/21 kaeleyhix]
[07/08 アジアカラー]
[07/06 hirofu]

04/28/17:14
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/25/17:24
国際結婚

(゚Д゚)ノ ァィ


定年退職を向かえて
結婚する人も少なくありません。

当然、日本人同士というケースが
ほとんどですが
私のお世話になっている方は
退職後、外国の方と結婚されました☆

その女性はタイの方です。
年齢差は30歳!!!
とても素敵な女性で
容姿端麗でスタイルも素晴らしいです♪

私がタイで会う
イギリス人の紳士も
タイで再婚しました。

年齢差はやはり30歳以上です。

どの方も第2の人生を謳歌している様子。
笑顔が素晴らしい!!!
肌つやもよく
とても健康的に生活していらっしゃいます。

日本でもうあきらめている方が
いらっしゃったら
まだまだ、あきらめるのは早いです!!!

アジアは広いです!!!

きっとあなたに合う女性が
いるはずです!!!
さ、私と一緒に飛びましょう☆

☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

ランキングに参加してます。

ポチっとクリック(=´ー`)ノ ヨロシクです☆

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


もういっちょクリック!

↓↓↓↓↓↓

バナー1


で、もう一回クリック!

↓↓↓↓↓↓

ランキング


クリックありがとうございました☆


拍手[0回]

PR

09/20/17:02
引退

ランキングに参加してます。
ポチっとクリック(=´ー`)ノ ヨロシクです☆
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
バナー1
ランキング
ヤクルトの古田兼任監督が引退です。
ヤクルトの黄金時代を作り上げた選手。

第二の人生は、後進の育成にあたるそうです。
うん。充実したセカンドライフですね~。

今まで精一杯頑張ってきて
退いた後は後進の者たちに貢献

素晴らしい!

頑張っていただきたいですね☆

リタイヤ後の生き方って本当に大事なような気がします。
本当の人生って、「第二の人生」が
スタートなんじゃないかって言う気がしてます。

第二の人生って、積み重ねてきたものが
具現化していく時期なのではないかと思います。

人はみなそれぞれの分野でそれぞれのスキルを
磨いて生きていきます。
一生懸命生きた人にも、だらだら生きてしまった人にも
それぞれの生きた証として自分の中に積み上げられる。

それが、具現化していくのが第二の人生なんじゃないかって
私は考えるのです。

たぶんそれは、「人として」という部分で
表現されていくものが大きいような気がします。

よく、リタイヤ後全てが終了してしまったような
喪失感に襲われる人がいるようですが
気落ちすることはないと思います。

本当の人生は、それから始まるのですから!

いままで、仕事などに割いていた時間やお金を
リタイヤ後は自分や家族、そして誰かのために
自由に使うことができるのです。

私は、何かを犠牲にした人だけが
得られる何かがあると信じています。

遊ぶこともままならない人生を生きた人には
リタイヤ後は思いっきり遊んで欲しいと思います。
自分を犠牲にしてきた人は自分のために
その時間を費やして欲しいですし。

とにかく、充実したセカンドライフスタイル
私は全ての人に紹介していきたいと思います。


それにしても、円安ドル高がまた進んできてますね。

対東南アジア通貨との変動は小さいようですが。。。

気になるところです。


近々、退職後の投資の情報運用の情報なども
お伝えしていきますのでよろしくお願いいたします。

拍手[0回]

08/16/11:04
第2の人生

それでは、今日は「第2の人生」についてお話しましょう。

「第2の人生」ってだいぶ前からよく聞きますけど
皆さんはどんな印象を持っているのでしょうか?
退職後の人生?
それとも、再出発?
どちらも正解ですよね。
第2の人生の概念はこうだって言うものは無いと思います。
人生設計って誰のものでもないですもんね☆

私は、皆さんに対して何かを押し付けたいのではなく
「一つの選択肢」として提案していきたいと考えています。
例えば、私はまだリタイヤまでは何十年かあります。
でも、リタイヤ後はこういう生活をしてみたいな~。。。
というような夢物語みたいなところから、
それが物理的に可能なのかどうかということを
多角的に検証して、皆さんに情報提供できればと思っています。
それだけではなく、退職後の起業の情報発信や皆様の様々な要求に
応えて行きたいと考えております。

次回からは、具体的なセカンドライフについて
生活やテーマ、場所や具体的な情報、などより具体的な
カテゴリー別にお話させていただければと思っております。


拍手[0回]

侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
COPYRIGHT © 高橋@SLS ALL RIGHTS RESERVED.