忍者ブログ

セカンドライフスタイルBlog

誰でも出来る海外移住情報!! 長期滞在の裏技。 海外旅行・海外生活の裏技!! 格安旅行情報満載! 海外移住者・バックパッカー必見!!
03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05
[12/21 draketarr]
[12/21 elthialang]
[12/21 kaeleyhix]
[07/08 アジアカラー]
[07/06 hirofu]

04/28/17:15
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03/24/20:35
更新

セカンドライフスタイルが推薦する
海外移住者Blog。

久しく更新していなかったのですが
本日更新しました☆彡

内容等は後日
追記していきます!!!
まずはコチラをクリック!!!
↓↓↓↓↓↓




拍手[0回]

PR

03/19/13:37
春!!!

(゚Д゚)ノ ァィ

春です!!!!!!!



日本の春が一番素晴らしい理由の一つが
「桜」です。

普段何気なく思っている桜は
ある特定の条件化にしか
咲く事ができません。
知ってました?


東南アジアとか常夏の地では
咲く事が出来ないんです。

私の現地の友人たちはみな
桜が見たいといつも言います♪

見せてあげたいんですけどね~~~☆彡

ですので、桜の時期には
写真を撮りまくり
友人たちに見せてあげます。

みんな大喜びですよ☆彡
(´∀`*)ウフフ

そろそろ、日本は桜の季節。
堪能しましょう!!!!!

あ、韓国の桜も美しいらしいです☆

( ´△`)アァ-
見たい。。。











ランキングに参加してます。

ポチっとクリック(=´ー`)ノ ヨロシクです☆

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


もういっちょクリック!

↓↓↓↓↓↓

バナー1


で、もう一回クリック!

↓↓↓↓↓↓

ランキング


クリックありがとうございました☆



拍手[0回]

03/16/17:56
進む円高・ドル安

今、為替が動いています。

12年ぶりの円高・ドル安。
(・∀・)チゴイネ!
ていうか、ちょっと懐かしいです♪

私がヨーロッパに旅立ったときも
1ドル=90円台でした。


ドルに連動して
東アジア及び東南アジアの通貨も
円高ムードです!!!

ここしばらく、快調だった
韓国ウォンも下がってます!!!
香港ドルもかなり下がりましたね~~~。。。

あ、タイバーツも下がってます!!
モチロンマレーシアリンギも!!!

これだけ円高ムードが漂うと
海外への投資が有効になってきますね。
例えば、外貨預金、海外ファンドなど。。。
モチロン、コンドミニアムなどの不動産投資も
いい感じかも知れないですね☆彡

( ´△`)アァ-
早くリタイヤして移住したいです!!!















ランキングに参加してます。

ポチっとクリック(=´ー`)ノ ヨロシクです☆

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


もういっちょクリック!

↓↓↓↓↓↓

バナー1


で、もう一回クリック!

↓↓↓↓↓↓

ランキング


クリックありがとうございました☆

拍手[0回]

09/03/16:34
タイでの生活 パート3

タイパタヤの生活圏は意外と狭い。
必要なものは全て密集しています。
スーパーや病院、警察、コンビニ、レストラン、屋台、ビーチ
郵便局やインターネットカフェ、マーケットなど。
全てが近くに存在しています。
ですから、公共の交通機関、例えばバスや地下鉄などが
無くても、生活にはまったく支障ありません。
主要な交通手段といえば、
モーサイと呼ばれるバイクタクシー
ソンテウという乗り合いバス
あとは普通のタクシーか。

まず、モーサイ。
タイで最もポピュラーな交通手段かもしれません。
路上で営業しています。
バイクを並べて駐車して、みんなおそろいのベストを着ています。
バイクといっても、日本でよく見かける
スポーティーなバイクではなく
スクーターとスーパーカブの中間みたいな
生活観のあるバイク。
排気量は125cc~250ccくらいでしょうか?
それに乗せてもらい運んでもらうというものです。
料金は20バーツ~60バーツの間くらいで
距離によって変わるようですが
何キロいくらみたいな決まりは無いようです。
ですから、まず行き先を告げて値段を聞きます。
このときにちょっと高いなと思えば交渉できます。
一番使いやすい交通手段かも知れないですね。

次にソンテウなんですが
これは、街の中を巡回している乗り合い式。
バスといっても日本で言うピックアップトラックを
改造して、荷台に人が座れるように改造したもの。
荷台には幌がついているので雨にぬれる心配はないです。
かなりの数のソンテウが街中を走っているので
道路の脇から手を上げてとめます。
そして行き先を告げ、そこまで行くか確認します。
行くようであれば、値段を確認します。
20バーツ~50バーツくらいでしょうか?
モーサイよりは相場的に考えると安いです。
でも、タイは一方通行とか規制されている道路も多いので
ある程度地理がわからないとだめかもしれません。

私は目的地が決まっているときはモーサイ。
で、散歩帰りとか歩くのが面倒になってきたら
たまにソンテウを利用する。
という感じですね。
最近は私もかなり慣れてきて、友人からバイクを
レンタルして使っています。
レンタルバイクもあちこちにありますので
利用されてみるのも楽しいかもしれません。
料金は一日100バーツ~150バーツ。
長期になると交渉でかなり安くなりますよ。
ちなみに私は1ヶ月の借り上げで1500バーツまで
まけてもらいました。
一日あたり50バーツですから安いですよね。

レンタルバイクを使うと行動範囲も
グッと広がりますし、パタヤの内陸部の
タイの田舎の風景も楽しめます☆
せっかくのセカンドライフですから自由に気ままに
楽しむのもいいかもしれませんね。


拍手[0回]

08/27/17:06
タイでの生活パート1

私は毎年タイで生活する時間を作っています。
場所はタイの首都バンコクから約120キロほど南東の方角に
位置する「パタヤ」という街です。
ここは、もともとは小さな漁村だった場所が
かつてベトナム戦争のころ米軍の保養地として
栄えた場所です。
今は沢山の友人もいますし、私が幼少の頃一緒に生活していた
韓国人の兄も住んでいるのでつい、この街に行ってしまいます。
パタヤはどんなところかというと、
一言で言えば非常に生活しやすい場所です。
外資系のスーパーマーケットもあり、
ローカルなマーケットもあり、外食産業も盛んで、
日本で見かけるマクドナルドやピザハット、
スターバックスなんかもあります。
当然、和食レストランや地元の食堂、屋台なんかも充実しています。
街全体もそんなに巨大ではないのであちこち行くのも
そんなにおっくうにはなりません。
街もビーチに面していますし散歩場所にはことかかかない。
そんな街が「パタヤ」です。

そんな「パタヤ」でも、私の生活ぶりといえば、
朝起きて、宿のテラスでコーヒーを飲みながら本を読んだり
音楽を聴いたりして時間をすごします。
そうしていると、宿の前の通りをフルーツ屋台がやってきます。
私はそこで必ずといっていいほど毎朝フルーツを買います。
パイナップルやスイカ、グアバやりんご、屋台によっては
売っているものも違うのですが値段は一商品だいたい
10バーツですから日本円に換算すると
今現在だとだいたい35円くらいでしょうか?
2種類買っても70円くらいですね。
フレッシュでナチュラルな朝食です。
朝は比較的気温も低く(低いといっても28度くらいはあるのですが)
すごしやすいのでのんびりと時間をすごせます。

午後からは気温も上がってきて、暑く感じますので
僕はビーチを散歩します。
パタヤのビーチは毎日海よりの風が吹いていて
暑い午後は非常に過ごしやすいです。
ビーチチェアに腰掛け、コーラなんか飲みながら
海を眺めてのんびりします。
おなかがすいたら、いろんな食べ物を売る
おばさんとかが来るのでおいしそうなものがあったら
買ってみるのもいいかもしれませんね。
ちなみに僕のお気に入りは、ココナッツジュースと蒸しえびです。
蒸しえびは100バーツでおなかいっぱいになるくらいの量です。

その後はショッピングセンターに行ったり
街をぶらぶらしてみたり、思い思いにすごしています。

日本とは違い、出かけるにも服装はTシャツと
半ズボンそれにサンダルでOK。
パタヤはヨーロッパからの観光客や移住者が沢山生活している
町ですがその大半が50代以上の方がほとんどです。
若者もたまに見かけますが、圧倒的に大人の方が多い街です。
それだけに、せかせかした様子は無くゆったりとした時間の流れを
体感できる数少ない街といえるでしょう。
物価もそんなに高くないですし、オーソドックスなタイと
近代化されたタイの両方味わえる街。
そんな、素敵なタイの町「パタヤ」に行ってみませんか?
パタヤの詳しい情報は
↓↓↓↓↓↓
http://www.pattayaparadise.com/

タイは特にリタイヤメント制度にも積極的に取り組んでいる街です
リタイヤメントの制度については
↓↓↓↓↓↓
http://www.2nd-lifestyle.com/thailand.html
をご覧ください。

次回からは、物価や人々について書き綴っていきますので乞うご期待♪


拍手[0回]

侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
COPYRIGHT © 高橋@SLS ALL RIGHTS RESERVED.