忍者ブログ

セカンドライフスタイルBlog

誰でも出来る海外移住情報!! 長期滞在の裏技。 海外旅行・海外生活の裏技!! 格安旅行情報満載! 海外移住者・バックパッカー必見!!
03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05
[12/21 draketarr]
[12/21 elthialang]
[12/21 kaeleyhix]
[07/08 アジアカラー]
[07/06 hirofu]

04/28/17:06
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08/29/17:46
タイでの生活 パート2

( ゚д゚)ノ ハイ。

タイでの生活パート2です。
今回は住む所や物価などについて書いていきます。

まず、住む場所。
パタヤは外資系のホテルから地元の人が経営する
ルームレントまで幅広くそろっています。
高級ホテルやコンドミニアムだと室内の装飾や
アメニティ関係も充実していて満足度は高いでしょう。
でも、私のお勧めは地元の人が経営している
レンタルルーム。
これってどういうものかって言うと
1泊いくらっていう感じで長く滞在すればするほど
割引率が高くなってお得っていう料金システムで
一番件数も多いと思います。
どのストリートや路地にも存在していて
「ROOM RENT」と書かれた看板があります。
部屋のランクもいろいろあって
エアコンなし、水シャワーから
エアコンつきのホットシャワーまで
あとは通りに面してる部屋とか裏側の部屋とかでも
部屋代は変わってきます。
私が泊まった中で一番安かったのが
1泊あたり200バーツで電気代込みのエアコンつきで
ホットシャワーも使え冷蔵庫もケーブルテレビも
備え付けの部屋でした。
サービスはタオルは毎日交換してくれるし
掃除も毎日してもらえます。
シーツの交換は3日に1回。
貴重品はセーフティボックスがあるので安心。
24時間出入り自由で快適です。
それで1泊 あたり200バーツですから700円くらい。
お得ですよ!!!
ちなみにエアコンなしの部屋だと1泊130バーツくらいからあります。

で、毎日の食事。
私は近所の食堂や屋台をよく利用していました。
実は私、タイ料理がちょっと苦手。
あの、香草やココナッツミルクが苦手なのです。
当然、有名なトムヤムクンやグリーンカレーなんかも
苦手でほとんど食べれません。
で、比較的臭い等の少ないカオパッ(チャーハン)を
よく食べてました。値段は近所の食堂で25バーツ~40バーツ
位の間でしょうか。具によって値段が変わります。
安いのは豚肉、鶏肉。高いのはシーフードですね。
ま、高いって言っても日本円で140円くらいですから…

あとは野菜等の炒め物とごはんの定食みたいなもの。
値段は40バーツから120バーツくらいまでいろいろあります。
私が好きなのは、豚の皮の揚げ物を野菜と炒めたもの
50バーツくらいですごくおいしいです。
野菜なんかもフレッシュだし美味しいです。

たまにちょっと贅沢してシーフードレストランなんかも
どうでしょうか?
値段的には一人500バーツくらいにはななってしまいますが
それでも、日本に比べたらすごく安いです。
しかも、すごく新鮮なので大満足です。
たいていのシーフードレストランは
店内もしくは店頭にある水槽の中にいる
食材を選んでそれを料理してもらうというシステム。

ざっと計算しても1ヶ月の生活費って
50000円でおつりがくるくらいです。
日本じゃちょっと難しい金額ですよね。

でも、タイやインドネシアなどの東南アジアだと
結構楽勝なのです。

次回は交通や趣向品について書いてみます。

詳細はコチラ
↓↓↓↓↓↓
http://www.2nd-lifestyle.com/

拍手[0回]

PR
侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
COPYRIGHT © 高橋@SLS ALL RIGHTS RESERVED.