忍者ブログ

セカンドライフスタイルBlog

誰でも出来る海外移住情報!! 長期滞在の裏技。 海外旅行・海外生活の裏技!! 格安旅行情報満載! 海外移住者・バックパッカー必見!!
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
[12/21 draketarr]
[12/21 elthialang]
[12/21 kaeleyhix]
[07/08 アジアカラー]
[07/06 hirofu]

08/23/11:17
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09/12/07:13
文化の違い?

9.11テロ事件から6年が経過しその傷跡は
今でも、アメリカ国民の胸に深く
残っています。
あちこちで追悼集会なども行われたようです。
あのような惨事が二度と起こらないように心から願います。


あの事件で様々な影響が世間に出ましたよね。
私が一番不思議なのは空港のセキュリティ
本当におかしなくらい厳重です。

赤ちゃんのミルクすらも危険物扱い。
それってどーなの???
赤ちゃんのミルクじゃハイジャックできないでしょ?

アメリカのやりかたって
そういうことが多いような気がする。

人々に恐怖を与え、共通の敵を作る。。。みたいな。

日本も特に外国の文化に対する情報が
乏しいせいか、「イスラム=悪」みたいなイメージを
抱いている人は少なくないだろうね…

でも、このアジアでもイスラム国家は多い。
マレーシアやインドネシアは
イスラム教国家。
パキスタンもそう。
でも、イスラム教の人たちって
すごく優しいし、明るく健康的

私のマレーシアの友人もインドネシアの友人も
みんな、イスラム教信者。
でも、みんな最高に素晴らしい人間性を持ってます。

これって、接してみないと本当に
わからないことなんですよね。

イメージでその人を決め付けるんじゃなく
実際に接してみて判断すればいいのでは…と思う。

日本人は特に外国の文化と接する機会が少ない。
だから、旅行や移住を通して接してみるのは
どうだろうか?

外国の人も日本人に対して大きな誤解を抱いていることも
少なくないわけだし、私たち日本人も
外国の人に対して大きな誤解を抱いているかも知れない。

実際に接し、お互いの国のことを分かり合うということは
ある意味民間レベルでの最高の国際交流
なるのではないかと、私は考えます。

お互いが理解し合い、そして尊重していける
そんな、本当の意味での国際社会を形成するのも
ある意味楽しいのでは???
私の考える「セカンドライフスタイル」
日本人が日本人らしく、そして国際人として
退職後の人生を生き抜くことです。

この機会にいろいろと考えてみるのもいいかもしれませんね☆



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
バナー1
ランキング

拍手[0回]

PR

08/24/21:09
充実したセカンドライフって???


充実したセカンドライフってどんなんでしょう?
例えば、仕事を退職して今まで出来なかった
趣味や遊びに熱中するのもいいですよね。
スポーツカーやオートバイを買って楽しむのもいいですね☆
大好きな場所に移住して思いのままにすごすっていうのもいいですね。
夫婦2人の時間を共有するっていう生活もいいですね。

人それぞれに充実=満足っていうのは
違うと思います。

でも、大事なのは充実したセカンドライフをおくるということ。

会社を退職したからって、
もう何も出来ないっていうわけでもないですよね?
むしろ、セカンドライフを充実したものにする
パワーはみなっぎっているのではないでしょうか?

私は、充実したセカンドライフはこういうものですっていうような
提案がしたいわけではないのです。
皆さんが、「こういうことがしたい。」「こんなことできる?」
という、希望に応えるためにお手伝いがしたいだけです。

どんなことでもかまいません。
充実したセカンドライフをおくるために
私はどんなことでもお手伝いさせていただきます。

今まで、日本を支えてきた人
多くの子供たちに未来を与えてくれた諸先輩に対し
敬意を持って私ができることをさせていただければという気持ちなのです。
充実したセカンドライフ。
そのお手伝いができれば私は本当に幸せです。

http://www.2nd-lifestyle.com/




拍手[0回]

侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
COPYRIGHT © 高橋@SLS ALL RIGHTS RESERVED.